週の始めに、作り置きをしています。

あとは毎日、ごはんとお味噌汁を準備すれば食卓OK!という状態にしています。

 

 作り置きは4種類に分けて考える

私の作り置きは、

    ①野菜下ごしらえグループ

    ②和洋中なんでも好きなもの、おかずグループ

    ③おやつ・甘いものが欲しい日の朝ごはん用グループ

    ④調味料グループ

    の4種類に分けて、作るものを決めています。

     

     ①野菜下ごしらえグループ

    切ったり洗ったり、茹でるだけ。

    ガラスタッパーに入れて冷蔵庫に保管します。

    サラダや、お皿にちょっと添えたい野菜たち。

    生野菜サラダは、春~夏は毎週用意しています。

    その他、へたを取って洗ったミニトマト、茹でてカットしたほうれん草、蒸したブロッコリーやじゃがいもなど。

     

     ②和洋中なんでも好きなもの、おかずグループ

    季節や体調、その週の予定に合わせて摂り入れる食材を決め、そこから何を作るか考えます。

    例えば浮腫みが気になるときには、カリウム豊富な切り干し大根。

    夏はさっぱりと食べたいので、煮物ではなく和え物やサラダにすることもあります。

    きゅうりなどの夏野菜は身体を冷やすので、塩もみにしたり味噌で味付けをして調整を。

     

     ③おやつ・甘いものが欲しい日の朝ごはん用グループ

    パンケーキやマフィン、クッキーなどを多めに作って冷凍保存。

    出かけるときはおやつに持って行きます。

    パンケーキは、休日の朝ごはんに食べたり。

    グルテンフリーのレシピで作ることが多いです。

     ④調味料グループ

    ドレッシングや、てりやきソース、トマトソースなどを作ります。

    これは、毎週ではなく隔週くらいかな。

     作り置きのある安心感

    もちろん、作りたてはいちばん美味しいです。

    でもね、冷蔵庫にいつでも自分の作った美味しい、安心なメニューがスタンバイしてくれている安心感。

    日中、急に外出の予定が入っても夜ごはんは大丈夫!

     

    しっかりと時間を確保して、食材を丁寧に扱います。

    そうすると、料理の過程で心身ともに癒されます。

    そして、たくさんの品数を用意できたときの達成感と、幸せな気持ち。

    このハッピーな「作り置き」という習慣、私には相性が良いのです。

     

    週に1度でも、3日に1度でも。

    ライフスタイルに合わせた「作り置き」、おすすめです!

     

     

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事